Now Playing Tracks

2014-08-25     毎日の新聞・テレビでの報道を見ながら「なんで?」と思う疑問が湧いてきたので思ったことを書きます。

 まるで対照的な事案が沖縄本島で起こっていることに皆さんお気づきでしょうか?

 そう、沖縄本島では今、ほぼ同時に二つの大事業が進められています。それは、「那覇空港の第二滑走路の埋立工事」と「普天間飛行場の代替の施設をキャンプ・シュワブ辺野古崎地区及びこれに隣接する水域に設置するための埋立工事」です。

 三日前のことですが、私の大好きな夕日ポイントである瀬長島に撮影に行ったときのことですが、写真取りながら、ふと脳裏を横切った疑問があります。それは那覇空港第二滑走路の埋め立てでは、環境問題が大騒ぎになったことがあったかな?……と言うことです。

 対照的に「普天間飛行場の代替の施設をキャンプ・シュワブ辺野古崎地区及びこれに隣接する水域に設置するための埋立」(以下辺野古とする)については、県内マスコミどころか日本中のマスコミが注目し毎日のように報道しています。そして、いまや世界中からも注目され、異様な雰囲気に沖縄中が包まれています。このような過剰報道によって、辺野古のことは皆さんの耳目にも否が応でも入ってきていると思います。

 特に過剰報道しているのが沖縄のマスコミ、その紙面の殆どを使い報道しているのが沖縄タイムスと琉球新報の2社。この2社のその報道内容は大きく偏向され、真実は反対運動のサヨクの影に隠され、『新基地建設』、『基地の増強』、『ジュゴンが危ない』、『環境破壊』といった捏造キャプションを毎日毎日紙面で大見出しとして躍らせ、『普天間の危険性の除去』、『普天間の代替施設の建設』とう本当の意味をひたすら隠し、県民を騙そうと必至になっています。

 ところが、同じ埋め立てなのに「那覇空港第二滑走路の埋立」問題については、環境保護団体はノークレーム。そして、かん口令を強いているかのように地元紙沖縄タイムスと琉球新報をはじめとする沖縄のマスコミは、環境問題にはほとんど触れていない。同じ沖縄の海の埋立なのにこうも違うのかと驚くばかりです。

 では辺野古の埋立がどれほど違うのか面積が気になりましたので調べてみましたが、辺野古の公有水面埋立面積と那覇空港第二滑走路の公有水面埋立面積はほぼ同じで約160haということが判りました。

 同じ沖縄の海です。この那覇空港海域にもまた、貴重な生物はいくらでもいると思います。左翼団体がアイドルのように崇めるあのジュゴンが餌にしているアマモも辺野古以上に分布していることもわかっていますが、環境保護団体はまったく関心を示さず、環境アセスにはスルーしているのです。
 
 “ジュゴンの保護を” “ジュゴンの生息を脅かす埋立の即時中止を” “辺野古埋立はジュゴンの絶滅につながる” などなど、ネットやテレビ・新聞で発信している環境保護団体の二面性がここからも非常に良くわかります。

 那覇空港埋立、辺野古埋立の両方をしっかり見ると、〝自称〟環境保護団体は、環境問題は本来どうでも良く『本当の活動目的はイデオロギー活動』であり、その最も対象とするのが基地問題であるというのがおのずとわかってしまうのです。その戦いのための隠れ蓑として環境保護団体を作り活動していると...。

 環境問題に民間利用、軍事利用の区別があってはならないし、軍事利用だから審査基準を辛くするとか、イデオロギーによって環境問題がクローズアップされるというのはナンセンスだと思います。こんなことがまかり通るようであれば、逆にその環境保護を訴える学者や研究者、評論家などの価値も下がり、学術的価値を大きく歪めてしまうことにもなりかねないと思います。

 さらに悪意を感じるのが、沖縄タイムスと琉球新報をはじめとする沖縄のマスコミの一連の報道です。
 一方的な取材・報道によって『普天間の危険性の除去』という県民が最も望んでいることをないがしろにし、次の県知事選挙で辺野古問題を争点にさせようという目論見とともに、この辺野古埋立反対候補者が優位になるようにしていると思ってしまうほどです。

 ・・・・・・そう思うのは私だけではないと思いますが、皆さん如何でしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【写真は那覇空港第二滑走路埋立て工事をする掘削船】

 同じ海を埋め立てて造られようとしているが、こちらは辺野古とは大違い。
 ここ瀬長島には夕日を眺めようと多くの県民や観光客が来ます。

~~~~~~~~~~

那覇空港第二滑走路の埋立平面図です。

「普天間飛行場の代替の施設をキャンプ・シュワブ辺野古崎地区及びこれに隣接する水域に設置するための埋立」の平面図です。

 

  • ジュゴンも何も、イデオロギーのためです。
  • 辺野古の海より、生物多いと思いますよ。那覇具志海岸、那覇空港第二滑走路予定地の方が。
  • シェアさせて下さい。
  • ゼニですな。。。金目!
  • 私もまったく同意見です。
    滑走路規模が全く違いますし、那覇空港を完全に平行運用するためには、いつか、第一と第二の間にターミナルを建設することが必要になるので、さらに埋め立てが必要になるでしょう。
    もちろん私は第2滑走路建設はやむを得ないと思います。航空自衛隊のスクランブル運用がより円滑になると思うからです。
  • ちなみに、那覇空港は官民共同利用です。

    もともと戦前に日本陸軍の小禄飛行場として開港されました。

    戦後は米軍と民間との共同利用、復帰後は自衛隊と民間との共同利用として今日まで来ています。
    民間専用空港としては一度も利用されていません。
  • 復帰後の沖縄振興事業にもあった事業ですからね。
  • 遊覧ヘリが墜落した時も誰も騒ぎませんでしたよね。米軍機から部品1個でも落ちれば大騒ぎするのに。
    http://www.asahi.com/articles/ASG6W32Y7G6WTIPE007.html
  • まったくですね。他にもいろいろ民間で埋め立て工事あったと思いますまが、マスゴミも自称環境保護団体も騒ぎません。シェア致します。
  • ジュゴンも「危うきに近寄らず、俺のせいにされちゃーたまったもんじゃない」って沖縄近海にそっぽ向かれたのではないでしょうか。元々ジュゴンってイルカと同じ回遊哺乳類だという認識なのですが。湾に棲息ではなく回遊経路上が辺野古だったのが近海の開発で寄り付かなくなったというのがホントではないでしょうか?
  • 海を本当に愛してます的パフォーマンスやっていますが、基地で無ければ文句を言わないという時点で中共に踊らせられている人間達の仕業ですね。 大体龍柱の問題からしておかしいし。
  • フェンスに変な布くくりつけ、それが潮風受けてボロボロに朽ちて砂浜や海に散乱しても見て見ぬふりする連中が、どの口で愛する辺野古のジュゴン守れと言うんだか(笑)
  • 本当に、沖縄県のマスコミや韓国や中国の、工作員に使われるプロ市民たちには、米軍基地を造られては困るし、お金をタカる目的で発狂して居ます!!!

    沖縄県を、中国に売り渡す売国奴です!!!

180: 名無しさん@13周年 2013/11/21(木) 19:21:28.05 ID:donskhvV0
オスプレイを散々「危険だ危険だ」と騒いだマスゴミさん
オスプレイがフィリピンで大活躍しています報道して下さい
国民の知る権利が~っと言ってるマスゴミさん


185: 名無しさん@13周年 2013/11/21(木) 19:23:15.45 ID:+BSz0VxR0
オスプレイ大活躍だな
今回の災害でも100万人以上のフィリピン人を救っているし
オスプレイじゃなかったら無理なのは誰の目にも明らか


244: 名無しさん@13周年 2013/11/21(木) 19:39:36.55 ID:Nrk2pXmu0
人権団体はフィリピンへ行って

オスプレイ反対と

叫べばいいのに

7: 名無しさん@13周年 2013/11/21(木) 18:49:27.07 ID:EHp33nFI0
オスプレイ、いいね!
航続距離の長さが役に立ってる。

13: 名無しさん@13周年 2013/11/21(木) 18:50:35.93 ID:kgYUMgjaI
オスプレイが役立つはずなのに報道がないから変だと思ってた


16: 名無しさん@13周年 2013/11/21(木) 18:51:38.66 ID:RMv8zzLL0
報じない自由
って、ほんと腹立つなーーー!
こんなことしてっからマスゴミとかいわれんだよ!

21: 名無しさん@13周年 2013/11/21(木) 18:52:46.32 ID:d9kDrbyS0
これは本当に日本のマスコミのおかしさを表してると思うね
このオスプレイの有用性はちゃんと伝えないといけないよなぁ


311: 名無しさん@13周年 2013/11/21(木) 20:14:02.07 ID:7BPJaYgHO
こういう姿勢だから日本のマスゴミは信用されない。
反オスプレイでキャンペーン打ってたのに実はすごく災害救助に有用だと知れたら
さんざんオスプレイの危険性訴えた自分らの面子丸潰れだからな。

真実の報道より自分達の面子と懐がかわいいのが日本マスゴミ。
日本に真のジャーナリズムが存在しないと言われるのも何をかいわんや。

348: 名無しさん@13周年 2013/11/21(木) 20:45:53.47 ID:DNsQi5TA0
テレビ新聞マスコミには公平中立な立場で報道するのが大事なのに
普天間基地の時は反対デモばかりで賛成の人の声を報道しなかった

東日本大震災のときも殊更韓国などの特定国を報道するが台湾米国はほとんど無視
オスプレイもそう、反対論者ばかり登場させて容認派はほとんど無視
こんなことばかりやってるからテレビ離れ新聞離れが巻き起こる

353: 名無しさん@13周年 2013/11/21(木) 20:49:00.47 ID:OBHlyzFu0
オスプレイが日本に配置された直後だったらどんな報道したんだろうな
とくに「今日のオスプレイ」やってたNHKとか
【オスプレイ】日本では絶対に報道されない『オスプレイ』の大活躍─。アメリカ海兵隊が沖縄・普天間基地を本拠地にするからこそ、迅速な救援活動が可能! | どやさ速報 (via jackrose)
jackrose:

オスプレイは日本に何をもたらす? 海兵隊と陸自の共同訓練を取材 朝雲新聞社
意外に低い事故率 10万飛行時間当たり1・12%
 今でこそ海兵隊の顔とも言うべきV22オスプレイだが、当初は米海軍、海兵隊、陸軍、空軍すべての要求を満たす「統合垂直離着陸機(JVX)計画」のもとに開発された航空機だった。
 1982年にベル社とボーイング社がチームを組み、開発を開始。試作機の初号機は88年5月23日に完成、翌年3月19日に初飛行を行った。5号機まで作られた試作機は2度にわたる事故を経て飛行停止となるが、99年4月30日には量産型の初号機が初飛行。同年6月10日に海兵隊に訓練部隊が編成され、実用化のための訓練を開始した。
 2000年に2回の墜落事故(MV)が発生し、再びオスプレイは飛行停止になった。その後、念入りな試験・評価作業が実施され、05年3月29日に活動を再開。実用化後は10年に1回(CV)、12年に2回(MV、CV)の墜落事故を起こしている。
 危険性が叫ばれるオスプレイだが、在日米海兵隊が発表した「環境レビュー」によると、10万飛行時間当たりの事故率は1・12%。H46型輸送機の5・74%と比べるとはるかに低い数字となっている。
 MV22Bが最初に実任務を行ったのは「イラクの自由作戦」(07年10月~09年4月)だった。CH46の4倍もの行動半径で活動し、人員4万5000人以上を輸送、任務中に1万飛行時間を達成した。また、即応軍支援や空中索敵、傷病兵後送をはじめ6000を超える作戦を行っている。
 10年1月にハイチで大地震が起こると、MV22Bは直ちに現地に飛び、物資や救援部隊を広範囲に渡って迅速に輸送した。アフガニスタンの「不朽の自由作戦」(09年11月~)では支援終了後、空中給油を受けつつ約6300キロ先の強襲揚陸艦に帰還した実績がある。
 CV22Bに関しては、12年6月に行われた潜水艦乗員救出シミュレーションで、その長距離救出能力が証明されている。以前は複数機で行っていた救出活動を、同機は1機のみでスピーディに行い、新たな可能性を切り開いた。
 現在、米海兵隊は360機を東海岸のニュー・リバー基地や西海岸のミラマー基地、ペンデルトン基地、ハワイのカネオヘベイ基地などに、また米空軍は50機を特殊戦コマンド部隊にそれぞれ配備している最中である。
jackrose:

オスプレイは日本に何をもたらす? 海兵隊と陸自の共同訓練を取材 朝雲新聞社
意外に低い事故率 10万飛行時間当たり1・12%
 今でこそ海兵隊の顔とも言うべきV22オスプレイだが、当初は米海軍、海兵隊、陸軍、空軍すべての要求を満たす「統合垂直離着陸機(JVX)計画」のもとに開発された航空機だった。
 1982年にベル社とボーイング社がチームを組み、開発を開始。試作機の初号機は88年5月23日に完成、翌年3月19日に初飛行を行った。5号機まで作られた試作機は2度にわたる事故を経て飛行停止となるが、99年4月30日には量産型の初号機が初飛行。同年6月10日に海兵隊に訓練部隊が編成され、実用化のための訓練を開始した。
 2000年に2回の墜落事故(MV)が発生し、再びオスプレイは飛行停止になった。その後、念入りな試験・評価作業が実施され、05年3月29日に活動を再開。実用化後は10年に1回(CV)、12年に2回(MV、CV)の墜落事故を起こしている。
 危険性が叫ばれるオスプレイだが、在日米海兵隊が発表した「環境レビュー」によると、10万飛行時間当たりの事故率は1・12%。H46型輸送機の5・74%と比べるとはるかに低い数字となっている。
 MV22Bが最初に実任務を行ったのは「イラクの自由作戦」(07年10月~09年4月)だった。CH46の4倍もの行動半径で活動し、人員4万5000人以上を輸送、任務中に1万飛行時間を達成した。また、即応軍支援や空中索敵、傷病兵後送をはじめ6000を超える作戦を行っている。
 10年1月にハイチで大地震が起こると、MV22Bは直ちに現地に飛び、物資や救援部隊を広範囲に渡って迅速に輸送した。アフガニスタンの「不朽の自由作戦」(09年11月~)では支援終了後、空中給油を受けつつ約6300キロ先の強襲揚陸艦に帰還した実績がある。
 CV22Bに関しては、12年6月に行われた潜水艦乗員救出シミュレーションで、その長距離救出能力が証明されている。以前は複数機で行っていた救出活動を、同機は1機のみでスピーディに行い、新たな可能性を切り開いた。
 現在、米海兵隊は360機を東海岸のニュー・リバー基地や西海岸のミラマー基地、ペンデルトン基地、ハワイのカネオヘベイ基地などに、また米空軍は50機を特殊戦コマンド部隊にそれぞれ配備している最中である。

jackrose:

オスプレイは日本に何をもたらす? 海兵隊と陸自の共同訓練を取材 朝雲新聞社

意外に低い事故率 10万飛行時間当たり1・12%

 今でこそ海兵隊の顔とも言うべきV22オスプレイだが、当初は米海軍、海兵隊、陸軍、空軍すべての要求を満たす「統合垂直離着陸機(JVX)計画」のもとに開発された航空機だった。

 1982年にベル社とボーイング社がチームを組み、開発を開始。試作機の初号機は88年5月23日に完成、翌年3月19日に初飛行を行った。5号機まで作られた試作機は2度にわたる事故を経て飛行停止となるが、99年4月30日には量産型の初号機が初飛行。同年6月10日に海兵隊に訓練部隊が編成され、実用化のための訓練を開始した。

 2000年に2回の墜落事故(MV)が発生し、再びオスプレイは飛行停止になった。その後、念入りな試験・評価作業が実施され、05年3月29日に活動を再開。実用化後は10年に1回(CV)、12年に2回(MV、CV)の墜落事故を起こしている。

 危険性が叫ばれるオスプレイだが、在日米海兵隊が発表した「環境レビュー」によると、10万飛行時間当たりの事故率は1・12%。H46型輸送機の5・74%と比べるとはるかに低い数字となっている。

 MV22Bが最初に実任務を行ったのは「イラクの自由作戦」(07年10月~09年4月)だった。CH46の4倍もの行動半径で活動し、人員4万5000人以上を輸送、任務中に1万飛行時間を達成した。また、即応軍支援や空中索敵、傷病兵後送をはじめ6000を超える作戦を行っている。

 10年1月にハイチで大地震が起こると、MV22Bは直ちに現地に飛び、物資や救援部隊を広範囲に渡って迅速に輸送した。アフガニスタンの「不朽の自由作戦」(09年11月~)では支援終了後、空中給油を受けつつ約6300キロ先の強襲揚陸艦に帰還した実績がある。

 CV22Bに関しては、12年6月に行われた潜水艦乗員救出シミュレーションで、その長距離救出能力が証明されている。以前は複数機で行っていた救出活動を、同機は1機のみでスピーディに行い、新たな可能性を切り開いた。

 現在、米海兵隊は360機を東海岸のニュー・リバー基地や西海岸のミラマー基地、ペンデルトン基地、ハワイのカネオヘベイ基地などに、また米空軍は50機を特殊戦コマンド部隊にそれぞれ配備している最中である。

沖縄ジュゴン研究観察グループ(od-sog)

「沖縄本島周辺の埋立地」

おはようございます。
広島の豪雨災害のニュースを見るたびに辛くなる一方、沖尚の試合があったりで、複雑な気持ちの朝を迎えております。

さて、ジュゴン関連の情報を取りまとめるにあたり、航海に利用する「海図」に図示する方法を取っています。
似た様な図面に「海底地形図」というものもありますが、アマモ場の位置や航路関係を示すには、海図がわかりやすいと考えているためです。

先日、沖縄本島南部版も購入したので、まずは中南部の埋立地を図示することにしました。
写真はざっとわかっている埋立地のみ赤で着色していますが、北谷町美浜や宮城海岸、平安座コンビナートなども埋立地のようです。
また、正確な埋め立て境界は、古い地図と比較しなくてはなりません。(1950年米軍作成の、かなり正確な地図があります)

那覇空港第二滑走路の埋め立て地は、これから記入していきます。

それぞれの埋め立て面積や着工時期なども調べていきたいですね。

こうして見ると、どれだけ多くの埋め立てがされてきたのかわかります。
また、辺野古や泡瀬の埋め立てのみが注目され、都市部や工業地帯の埋め立ては殆ど話題に上がらないことが、残念に思います。

ちなみに、海図は結構いい値段しますので、財布が痛いです。

To Tumblr, Love Pixel Union